パートナー

不妊検査を夫婦で受ける方法

いくら、妊活を頑張っても、なかなか赤ちゃんが出来ない場合。
特に女性は、自分に何か原因があるのではないかと思ってしまいますよね。
しかし、検査をしても、自分には異常がない。
妊活も積極的だし、どうしてなんだろう?疑問に思いますよね。
そのような時は、男性の身体に異常があるかもしれません。
不妊は、女性だけのものではないのです。
妊娠をするには、夫婦で不妊検査を受けることがお勧めです。
しかし、男性の不妊検査は、まだ浸透していないこともあり、プライドも邪魔をして、なかなか受けてくれない男性も多いのです。

しかし、妊娠とは夫婦二人でするものです。
どちらかが欠けていたら、妊娠は不可能です。
もし、女性ではなく、男性に異常があったとして、男性が検査を受けなければどうなるでしょうか。
男性不妊は、精子自体の異常や、精子が通る通り道の異常、もとから精子が無い場合、飲酒や喫煙による不妊など様々な原因があります。
検査を受けないと、これらの事は分かりません。
女性だけが、必要のない検査を受け、無駄な費用を費やし、心身ともに疲れてしまいます。

また、男性が検査を渋っていると、その間に、女性は年を取ってしまいます。
高齢であればあるほど、女性の妊娠は難しくなって行きます。
ですから、検査は、必ず同時に受けることが肝心です。
まず、男性の不妊検査は、産婦人科ではなく、泌尿器科で行われます。
女性に比べて、痛みがほとんどありません。
泌尿器科であれば、抵抗も少しは無くなるのではないでしょうか。
それでも、行くのを嫌がる男性もいるかもしれません。
その場合は、自宅で精子を採取し、それを然るべき機関に送ると、検査してくれるところがあります。
男性は自分の生殖機能を疑い、否定されることを嫌がります。
しかし、検査を受け結果がどうであれ、自分たちの情報を得ることができ、それがまた正しい妊活につながるのです。
男性の協力が得られた時こそ、妊娠への一歩が踏み出せるのです。